公開 2013-04-03 11:35 投稿者 mafactory
タグ

【福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ】

「チョウやニホンザルなどに異常、研究者が被曝影響と指摘 http://toyokeizai.net/articles/-/13516 「「稲に対する低線量被曝の影響調査は世界でも例がない。今後、種子の段階から影響を見ていくとともに、人間にも共通するメカニズムがあるかどうかを見極めていきたい」とラクワール教授は話す。」

コメントの通知

この投稿にコメントが付いた場合にメールを受信するには、登録してください。ここ

また次のフィードから、お気に入りのRSSリーダーを使って最新の状態を知ることもできます。 コメントのRSSフィード

コメント

コメントはありません
どのような感想ですか?
(必須) 
(オプション)
(必須)