公開 2007-11-08 20:25 投稿者 mafactory
タグ

MinGW + MSYSを使った static版 ffmpegのコンパイル (その5:ffmpegの本番コンパイル )

個人的に最新リビジョンのffmpegをコンパイルしてみました。

Windows上で動作するstaticなffmpeg.exeを作ります。

その備忘録です。。。

 

■ffmpegの本番コンパイル

最初に、前回作成したamr_floatを\ffmpeg-checkout-2007-07-20\libavcodecにコピーします。


MSYSを起動して以下を実行します。

$ cd ffmpeg-checkout-2007-07-20
$ make distclean
$ ./configure \
--disable-shared \
--enable-static \
--enable-memalign-hack \
--enable-w32threads \
--enable-pp \
--enable-libmp3lame \
--enable-libamr_nb \
--enable-libfaad \
--enable-libfaac \
--enable-liba52 \
--enable-libx264 \
--enable-libxvid \
--enable-gpl \
--extra-cflags=-I/static2/include \
--extra-ldflags=-L/static2/lib \
--disable-debug
$ make
$ make install

configureをタイプするのが面倒なので、こんなの作りました。

同上のディレクトリに展開して、

$ ./configmak2

とします。

 

[コンパイル参考リンク]

ffmpeg_wikiさんのUsing External Librariesが詳しいです(staticの項目に注目します)

 

 

 

■確認

\ffmpeg-checkout-2007-07-20\にffmpeg.exe(5.6MBくらい)があればコンパイル成功です。

試しにコマンドを打ってみます。

 

$ ffmpeg.exe -y -i input.mpg -s 320x240 -vcodec libx264 -acodec libfaac output.3gp

 

mpeg2動画ファイルをH264(音声AAC)動画に変換することができました。

あと、

-vcodec libxvidcore

-vcodec mpeg4

-acodec libmp3lame

-acodec libamr_nb

の組み合わせもOKでした。

 

config.makを見れば、使用できるデコーダ・エンコーダが確認できます。

 

※コンパイル成功したffmpeg.exe(2007/07/20版)をこちらに置いておきます。。。

 

■おわりに

これで長かったstatic版ffmpegのコンパイル作業は終了です。

新しい動きがあればまた報告したいと思います。

 

 

ではまたね。

コメントの通知

この投稿にコメントが付いた場合にメールを受信するには、登録してください。ここ

また次のフィードから、お気に入りのRSSリーダーを使って最新の状態を知ることもできます。 コメントのRSSフィード

コメント

コメントはありません
どのような感想ですか?
(必須) 
(オプション)
(必須)