公開 2007-10-15 22:24 投稿者 mafactory
タグ

MinGW + MSYSを使った static版 ffmpegのコンパイル (その3:ffmpegの仮コンパイル)

個人的に最新リビジョンのffmpegをコンパイルしてみました。

Windows上で動作するstaticなffmpeg.exeを作ります。

その備忘録です。。。

 

■ffmpegの取得

ffmpegの公式HP FFmpeg Download and SVNからダウンロードします。

Subversion入れてSVNから最新リビジョンを取得してもいいのですが、

面倒くさいので同ページの"full checkout"から最新リビジョンをダウンロードします。

 

・ffmpeg-checkout-snapshot.tar.bz2をダウンロードします

 

※今回コンパイルに使用した2007/07/20版をこちらに置いておきます。。。

 

 

■ffmpegソースファイルの準備

ダウンロードした、ffmpeg-checkout-snapshot.tar.bz2をMSYSに持っていきます。

"C:\msys\1.0\home\[ユーザー名]"ディレクトリにコピーまたは移動します。

このディレクトリがMSYSで起動するshのルートになります。

 

次にMSYSを起動します。shが立ち上がります。

コマンドプロンプトが [ユーザー名]@[マシン名]~ となっているはずです。

 

ここで ffmpeg-checkout-snapshot.tar.bz2 を解凍します。

$ tar xjpf ffmpeg-checkout-snapshot.tar.bz2

 

 

■bash3.1のコピー

bash.exeがないとconfigureができません。

前々回で取得したbash.exeを先程解凍したディレクトリにコピーします。

 

・"C:\msys\1.0\home\[ユーザー名]\ffmpeg-checkout-2007-07-20"にbash.exeをコピーする

 

 

■ffmpegの仮コンパイル

ffmpegディレクトリに移動します。

$ cd ffmpeg-checkout-2007-07-20

 

static版を作るので以下のようにconfigureします。

$ ./configure --disable-shared --enable-static --enable-memalign-hack

 

configure結果が出るので、

static     yes
shared     no

を確認します。

 

makeします。

$ make

大量のwarningが出ますが気にせずしばらく待ちます。

 

コンパイルが成功したらインストールします。

$ make install

 

次に、

$ ffmpeg

として、ffmpegのヘルプが出てきたら仮コンパイル成功です。

ちなみに、ffmpeg.exeのファイルサイズは3.7MBです。

 

 

次回から外部ライブラリのコンパイルに入ります。

ではまたね。

 

コメントの通知

この投稿にコメントが付いた場合にメールを受信するには、登録してください。ここ

また次のフィードから、お気に入りのRSSリーダーを使って最新の状態を知ることもできます。 コメントのRSSフィード

コメント

コメントはありません
どのような感想ですか?
(必須) 
(オプション)
(必須)